仙台・近郊の新築・中古不動産情報満載!
仙台の不動産売買専門店フルハウス

お問い合せ

建売住宅のメリットとデメリット

住宅の購入を検討する際、「建売住宅」か「注文住宅」か迷う方も多いのではないでしょうか?
建売住宅にも注文住宅にもそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらが良いかは各々の特徴を見極めて、ライフスタイルなどにより合っている方を選択することがポイントとなります。
ここでは建売住宅のメリットとデメリットについて、注文住宅との違いなどを踏まえて詳しく説明していきます。

建売住宅とは?

建売住宅とは、「土地と建物がセットで販売される住宅」をいいます。
建売住宅には一軒のみで販売されるケースや、複数のまとまった区画で一軒ずつ販売されるケース(分譲一戸建て住宅)などがあります。建物は建築済みの場合と、建築前や建築中の段階で販売されるケースもあります。
いずれも基本的には間取りや仕様はあらかじめ決まっています。

注文住宅との違いは?

注文住宅とは、「施工会社に設計を依頼して、建築してもらう住宅」をいいます。
間取りや仕様などを購入する側(以下、施主)が自由に選べるのが特徴です。
土地は施主が用意するのが基本ですが、なかなかご自身で土地を探すことや専門的な知識がないと現実的に土地を用意することは難しいでしょう。そのため、施工会社に土地探しからサポートを依頼するケースもあります。その場合は、土地探しもサポートしてくれるといった点も施工会社を選ぶポイントにすると良いでしょう。

建売住宅と注文住宅の違い 設計の自由度

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットについて、主に注文住宅と比較すべき4つのポイントを解説します。 

1.リーズナブルな購入価格

建売住宅は、注文住宅に比べて購入価格が安いというメリットがあります。建売住宅は既に出来上がっている住宅が基本です。
注文住宅のように間取りや仕様などを決める打ち合わせが省け、その分の人件費がかかりません。また、同じ規格で建築される建売住宅は、複数の住宅に使う建築資材をまとめて仕入れられるので、一戸あたりの建築費用を安く抑えられます。他にも建築の計画や申請に要する諸費用なども抑えられるため、総じてリーズナブルな価格設定が可能となります。

2.物件を確かめてから購入できる

建売住宅は、「実際に物件を確かめることができる」ことも大きなメリットといえるでしょう。
注文住宅では、設計図面や建築パース(完成状態を立体的に表現したイメージ図)などで間取りや仕様などを固めていくのが基本です。初めての一戸建て住宅として購入される方がほとんどですので、完成予想図から実際の建物を具体的にイメージするのはなかなか難しいものです。
建売住宅の場合は、実際に建てられた物件を確認しながら購入を検討できるので、「イメージとは違った」という後悔が起こるリスクを少なくできます。

3.入居までの期間が短い

購入を決めてから「入居までの期間が短い」ことも建売住宅のメリットといえるでしょう。注文住宅の場合、土地を探し、設計や仕様を固めて契約し、住宅ローンを組んで、建物を施工してとなると、長ければ住宅完成までに約2年ほどかかるケースもあります。

建売住宅では、契約して、住宅ローンを組めば直ぐに入居できます。特に子供の入学や転勤など、住宅購入を急ぐ方にとっては、建売住宅の入居までの早さは大きなメリットになるでしょう。

4.土地を探す手間が省ける

土地とセットで販売される建売住宅では、土地を探す手間を省けることもメリットといえます。注文住宅でも、施工会社が土地探しをサポートするケースもありますが基本的には土地は施主が探します。例えば相続した土地などがあるケースが別ですが、土地探しをご自身でするというのは現実的に難しいといえるでしょう。

建売住宅では、土地は建売住宅を建築販売する会社(建売会社)が購入しますが、建売会社は独自の不動産ネットワークを持っていて、特に分譲地などでは好立地の分譲地を市場に出回る前に購入することが可能です。
住宅を購入する際、長く住むことが前提となれば立地環境はとても重要です。建売住宅では、土地を探す手間が省けるのは勿論、比較的好立地の物件を選択できることも期待できます。

建売住宅のメリットデメリット 

建売住宅のデメリット

建売住宅にはデメリットもあります。こちらも確認しておきましょう。

個性的な物件が少ない

分譲地にある建売住宅のほとんどは同じ建て方の住宅になり、個性的なデザインや間取りではなく、より多くの人に好まれそうな平均点の住宅になりがちです。この点は、デザイン性や間取りなどにこだわりのある方にとってはデメリットといえるでしょう。

平均点といえども、間取りや設備などは経験豊富な建売会社が設計施工しています。ご自身で一から考えるよりもプロが平均とした設備が備わっていることも念頭においておくと実際建売物件を内覧する際のポイントになるかもしれません。

土地の状態や建築工程をチェックできない

建売住宅のほとんどは、住宅が建築された状態で販売されているため、基礎工事や内装工事などの建築工程を確認することが出来ません。建築工程を確認できたところで、素人目には適正に建築されているかどうかの判断は難しいかもしれません。ただ注文住宅の場合、自分の家が作られていく工程をワクワクしながら見るのはなかなか良いものです。そうした建築工程を確認できない点は、建売住宅のデメリットといえるかもしれません。

入居前に多くの人に見られている

建売住宅では、販売期間中は気軽に見学でき、多くの人が内見していることでしょう。人によっては間取りを知られていたり、知らない誰かが壁などを触っていたりすることに抵抗を感じる方もおられるでしょう。セキュリティやプライバシーの面でも、自分の住宅の内部を知られているということはデメリットに感じるかもしれません。

建売住宅のメリットデメリット 同じ家

まとめ

どのような住宅を購入するかは、「住宅に何を求めるか?」が決め手になります。自由な設計で理想を追求するなら注文住宅が良いでしょうが、手間とコストを重視して「ちょうどよい」家を求めるなら建売住宅です。
また建売住宅の場合、購入前に住宅を確認できることと、建築コストを下げられる分、好立地の土地を選択しやすくなるのもポイントです。建売住宅のメリット・デメリットを踏まえ、「住宅に何を求めるか?」を家族としっかり話し合ったうえで選択することをお勧めします。

「フルハウス」ではお家に関する情報収集・ご相談を承ります

わたくしたち「フルハウス」は、仙台・近郊の新築・中古不動産の物件を多数有しております。豊富な経験と知識で皆様の住宅購入のお手伝いをさせていただきます。みなさまのライフスタイルや夢に、心から寄り添うことで未来を一緒に描きます。温かく親しみやすい空間とスタッフがみなさまのお越しをお待ちしております。

住まいのコラム一覧へ戻る

0120-73-2684

営業時間 : 10:00~18:00 / 定休日 : 年末年始

ページトップへ