仙台・近郊の新築・中古不動産情報満載!
仙台の不動産売買専門店フルハウス

お問い合せ

人気の「角地」方角も意識したメリット・デメリットをご紹介します

住宅を購入するときに人気が高い「角地」、角といっても方角によっての採光など、さまざまな特徴があります。今回は方角を意識した「角地」の特徴についてご紹介していきます。

はじめに


「角地」は、開放感があり、採光も取りやすいことはご存じですよね!その他にも「角地」には、メリットがたくさんあります。

また、角地の状態に並んで重要なことが、土地がどの方角にあるのかです。方角まで意識して住宅購入を検討して、心地よく快適な空間を手に入れたいですね!

そして、快適な住空間の要素として、光・音・空気の3つが快適さを左右するといわれています。今回は、快適な住空間にするためのエッセンスを考えつつ、方角ごとの角地にどのような特徴があるのか、メリットデメリットも踏まえ、わかりやすく解説していきます。

角地とは

角地(かどち)とは

交差する2方向の道路に囲まれた土地のことです。マンションなどでも角部屋は非常に人気が高く、二方向からの「採光」が可能なことや、温暖湿潤の日本で生活する上で欠かせない「通風」や「換気」の面でも人気があります。
また、角地といっても、さまざまな方角の角地があり、それぞれの特徴があります。詳しく見ていきましょう。

「角地」の方角別特徴

角地は、開放的で建築物を建てる上でもメリットがありますが、方角別の視点でみると特に採光に関しての影響が考えられます。北西、北東、南西、南東、それぞれの方角の特徴を詳しくみていきましょう。

1.北西角地

北西角地は、日中の採光が低く、反対に西日が入りやすいため、日当たりは他の角地に比べ良くないと言えます。しかし、角地の中では価格が比較的安くなるため購入する際には費用面で大きなメリットとなります。

 2.北東角地

北東角地は午前中の日当たりは良いものの、昼過ぎから夕方にかけては南側と西側の建物に遮られて採光が悪くなる場合があります。しかしながら、真夏の強い日差しや西日が入りにくい点などは室内で過ごしやすい条件ではないでしょうか。

 3.南西角地

南西角地は日中、南側からの日当たりが良い一方で、東側に建物がある場合は午前中の採光が低くなります。また、西日がよく当たるため、西側の窓には工夫が必要となるでしょう。

 4.南東角地

4つの角地のうち、最も日当たりに関する条件が良いとされるのが南東角地です。日中の日当たりが良く、また、西側に隣家がある場合には西日の影響も少ないとされます。売買される時の坪単価も一番高くなる傾向にあります。

角地のメリット・デメリット

角地のメリット
「日当たり」「風通し」「開放感」が抜群

一番のメリットは2方向が道路と面しているため、日当たりや風通しがよく開放感があることです。風通しが良いため日々のお洗濯が乾きやすい場所と言えるでしょう。特に日本は温暖湿潤で、梅雨があったり、一年を通して湿度が高い時期が多く、更に建築技術の向上により、結露対策も必要となってきます。そのため、風通しがよく、洗濯ものが乾きやすい角地は人気なのです。

日当たりの良さを生かしたカーデニング

お家時間が増えた昨今に人気なのが、ガーデニングや家庭菜園。ホームセンターなどでも家庭菜園のコーナーが増えているのを目にしますね。最近は初心者でも簡単に育てられる野菜作りキットやハーブなども増えています。

角地は建ぺい率緩和措置が適用される

建ぺい率とは、お持ちの土地にどの位の建物が建てられるのかをパーセンテージで表現したものです。防火対策・通風・日当たり・景観などの側面から建築基準法にて定められていまです。持っている土地全てギリギリに建物が建てられるわけではなく、あくまでも建築面積から算出します。(また建ぺい率は、用途地域や都道府県により異なります。)

上記のように、角地は建ぺい率の緩和措置が適用されることがあるため、単純に同じ広さの角地以外の土地と比較すると、広い敷地に建物をたてることができます。
また、両隣を建物に挟まれるということがないので圧迫感が少なく、開放感のあるお家を建てることができるでしょう。お庭も含め、間取りにこだわって広いお家を建てたい方にとっては魅力的な条件ですね。

ガーデニング日当たり
角地のデメリット

通行人からの視線

「道路に面した開放的なリビングにしたけれど、通行人からの視線が気になってずっと窓やカーテンを閉め切ったまま生活しなければならなかった」など住み始めてから気がつく方がいらっしゃるのも事実です。そのような場合はプライバシー確保のための目隠し用フェンスや植栽で多めに外構の費用がかかったりすることもあるでしょう。

日当たりが良すぎる

また、意外なデメリットとしては「日当たりが良すぎること」も挙げられます。
南側に面している土地では、真夏の日差しで部屋の中が暑くなりすぎたり、西側の土地では西側につけた窓から西日が入って眩しすぎるのでカーテンを開けられない、などのケースもあります。

また、角地は人気が高いため資産価値が下がりにくく、売却する際にも有利に売却しやすい一方で、購入価格や固定資産税が高かったりなど、一長一短なのです。

こうしたメリットデメリットをふまえて、購入前に生活スタイルに合った土地選びをされることをおすすめします。

陽当たりが良すぎる

角地での住宅購入を検討する際のポイント

特に意識される「採光」については十分検討すると良いでしょう。日当たりの強さは季節によって変化します。冬は暖かな日差しでも、夏場には、遮熱・斜光などで暑さを考慮した工夫が必要になります。特に昨今、日本の夏はかなりの高温になりますので、「光」だけでなく「熱」に対する意識も必要です。

また、南側だけでなく、西日にも注意が必要です。特に眩しさが気になる方は西側に窓をつけない、または遮光・遮熱する工夫をすると良いでしょう。

角地でもどの方角と接しているかによって、日当たりはもちろんのこと、価格も異なります。日本の気候と、土地の方角などと住宅の関係性を理解し、実際の生活を想像しながら夢のマイホームを探しましょう。

陽当たり
お家に関する情報や相談は「フルハウス」へ

わたくしたち「フルハウス」は、仙台・近郊の新築・中古不動産の物件を多数有しております。豊富な経験と知識で皆様の住宅購入のお手伝いをさせていただきます。みなさまのライフスタイルや夢に、心から寄り添うことで未来を一緒に描きます。温かく親しみやすい空間とスタッフがみなさまのお越しをお待ちしております。

住まいのコラム一覧へ戻る

0120-73-2684

営業時間 : 10:00~18:00 / 定休日 : 年末年始

ページトップへ